釣具販売 釣具を高く買い取ってもらう秘訣

日ごろの使い方や手入れで釣具の価値を守ることができます。

ロッド
ロッドは単純な仕組みとはいえ、やはり長持ちさせるには
こまめな手入れが必要不可欠です。
ロッドの手入れは非常に簡単です。使った後は必ず真水で洗い、
干すことです。
特に海の場合には塩が付着しやすいので、必ず洗うように
しましょう。
洗うときに、特に注意しなければならないのがガイド部分
です。ここに汚れがたまると、キャストしたときに糸が
ひっかかったりします。ガイドの汚れは念入りに落しておきま
しょう。
ロッドはわずかな衝撃で壊れることがあります。
ロッドの特にガイド部は取れやすく、ここが取れてしまうと
使い物になりません。
地面にロッドを置くときには注意しましょう。
また、ロッドを壁などに立てかけないようにしましょう。

リール
最近のリールは非常に複雑になっています。
スピニングリールで言えば各メーカーとも回転性能のアップを
はかるためボールベアリングが多用され、機構も複雑になって
います。
リールは回転性能を出すために完全防水にすることが現状では
できません。海水を浴びるのを極力避ける使い方をすれば、
随分と部品の錆びを防ぐことができます。
また汚れの原因となるコマセや砂などが入らぬよう気をつける
ことも有効です。万が一内部に入ってしまった場合は無理に
回さず、そのままメンテナンスに出すといいでしょう。
浸水したと思ったときも早めにメンテナンスに出すほうが
よいでしょう。放って置くとますます錆びが進行してしまいま
す。
ウオッシャブルタイプ以外は水洗いはやめましょう。
また、時々動かしてあげることが大切です。まったく動かなく
なるのは錆びが進行し、他のパーツと固着してしまうからです。
またグリスの固化を防止することにもなります。
リールはわずかな衝撃でも壊れることがあります。
特にスプールの上下方向からの衝撃やスタンド部の一部に
荷重がかかると機能を損なったりするので慎重に扱い
ましょう。

ルアー
基本は使うたびに真水で洗って干すことが大切です。
ルアーの目の部分ははがれやすくなっていますので、
注意しましょう。

中古釣具の相場は刻々と変化していきます。
どんな釣具でも時間の経過により値落ちが進んでいくので
釣具を少しでも高く売るならなるべく早く売りましょう。
当サイトは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、個人を特定する情報を除いた当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報のみを使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。